カテゴリ:信仰( 13 )

ペンテコステ

b0052236_18105636.jpg


今日は、ペンテコステに気付かずに、日曜礼拝に出席した。
教団の教会生活をしていた頃も、ペンテコステに縁があった。
礼拝後、愛餐会で私の病気の話になった。
私の病気が、教会員の役に立っていることを初めて知り、驚いた。
カミングアウトするといいこともあるんだなと感じた。
今年の3番目の目標である日曜礼拝を守ることで、
自分だけでなく人助けになることをわかり、体調が許す限り、
日曜礼拝を守っていこうと心に決めた。




[PR]
by Aidan1 | 2011-06-12 18:11 | 信仰

主日礼拝

b0052236_13541262.jpg



日曜礼拝の出かけに丹沢の山並みが見えた。
白くだいぶ雪が積もっている。
冬の丹沢も登ったことがあるが、
静寂で、荘厳だ。

今日は、主日礼拝を守ることが出来た。
以前背中の痛みで、礼拝の最中、
ずっと横になっていた時分に比べると、
格段によくなってきている。
焦らないで、自然に任せて、療養していこう。






[PR]
by Aidan1 | 2011-02-13 13:58 | 信仰

神さまはお急ぎにならない


今日は表題の日曜礼拝を守った。
近ごろ、調子が良くなったせいか、仕事がしたくなってきた。
体調が安定すればいいのだが、
その保証はない。
まだその時期ではないのか。
タウンニュースに広告を出そうと思っているが、躊躇している。
神さまは、お急ぎにならない。
確かにそうだ。焦る必要はない。
だがこういう時ほど、じれったくなってしまうのだ。




[PR]
by Aidan1 | 2011-01-16 18:05 | 信仰

思い出したこと


体調がよくなってきて、片付けものができるようになったとき、
昔書いたメモ帳が出てきた。
私が最初に訪れた教会で、感銘を受けた言葉が記録されていた。
改めて心に期するものがあったので、記しておきたい。




大きな事を成し遂げるために
力を与えてほしいと神に求めたのに
謙遜を学ぶようにと弱さを授かった

偉大なことができるように
健康を求めたのに
よりよきことをするようにと病気を賜った

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして
成功を求めたのに
得意にならないようにと失敗を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた
神の意に添わぬ者であるにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りは
すべて叶えられた

私はもっとも豊かに祝福されたのだ



[PR]
by Aidan1 | 2010-06-17 13:22 | 信仰

優しく



抱きしめて欲しい。
神さま、それは贅沢なことですか?



[PR]
by Aidan1 | 2008-10-13 05:32 | 信仰

あの絶望の日々は、


決して風化させてはならないんだね。

あまりに、捨て身で立ち向かい、
無償の愛を降り注いでも、
少しの愛さえ還してもらえない。

イエスさまは、どれほどの心の痛みを感じていたんだろう?

悲しいね。

辛かったでしょうね。



[PR]
by Aidan1 | 2008-02-10 20:35 | 信仰

神さまの愛を、


確信しているのに、
孤独を感じるのは、
同じ痛みを知れと言うことなのでしょうか?

痛みや絶望に慣れはないんですね。



[PR]
by Aidan1 | 2008-02-10 20:24 | 信仰

主が彼女と共にあるように。


先ほどまで、武道館に行ってました。
やはり、いいですね。

東京が、あんなにも暗いなんて、
驚きです。
三の丸公園がすごくいいです。
雅子さまにも、元気を出して欲しいです。

今、社会がオカシイです。
悲しい事件が多いです。


神さま、どうか憐れんでください。
どうか、世界中の飢えた人たちに、
食べ物をお与えください。

この祈りを、イエス・キリストの御名を通して、
御前にお捧げします。

アーメン。



[PR]
by Aidan1 | 2007-12-21 04:10 | 信仰

一日神学校

b0052236_1591336.jpg


一日神学校に、行ってきました。
私の所属する教会のルーテル神学校です。
普段は、牧師を目指す神学生が学ぶ場ですが、
全国のルーテル教会の信徒が集まりました。

実は、前日までためらっていたのですが、
所属教会牧師の「一緒に行きましょう」コールに、
「じゃあ、行きますか」ということになりました。

でも、目的は別にありました。
それは、私の尊敬する村野藤吾先生の作品である、
ルーテル学院大学を見に行くことです。

実際に見てみて、
やはりさすが先生の作品は、すばらしいにつきました。
ずいぶん時間が経過しているにもかかわらず、
そのコンセプトは、斬新なままであり、
something new そのままでした。

ただ本当に残念なのは、
このすばらしい建築作品を、大切に維持管理していないことでした。
やはり、建築を芸術として見ていないことが、
一目瞭然でした。

もっともっと、大切に扱って欲しい。
この一言に尽きます。




[PR]
by Aidan1 | 2007-09-29 01:59 | 信仰

久しぶりに、


日曜礼拝に出席しました。
いつも、予定がないときは、しっかり寝坊してるのに、
今朝は、9時に起きました。

久しぶりに見る教会は、小さくて、かわいかったです。
素敵な聖句が書かれていて、いいなあと思いました。

本当に久しぶりに出席したから、
聖徒の交わりで、
「主の平和」と握手する手が自然に両手になって、
みんながとても優しく感じました。

今日の説教は、ヨブ記でした。
昔は、あまり実感がわからなかったのに、
今は、すっとヨブの気持ちに入れます。

どうしてだろう?

神さまの愛をすぐそばに感じます。

ありがとうございます、イエスさま。




[PR]
by Aidan1 | 2007-09-16 23:51 | 信仰